個人はストリートの右を歩くものではなかったかな

いつからか相当気になるようになりました。針路の左手を歩く面々の多さ。昔に、大丈夫輸送法則で「第三者は路地の右手を」、「自転車は左手を」と習ったはずなのにどうして多くの人が左手を歩くのでしょう。いつも針路を歩いていると、概ね反対方向からこちらに向かって歩いて来る第三者とぶつかりみたいになります。ただし、ある程度自尊心になってしまっている身は避けることをせず、先方に避けてもらうように仕向けます。そうして、ハートで「第三者は右手を歩く物品だったよね。思い出して。」というのです。
多くの人が左手を歩くようになった原因は、エスカレーターは左手に乗り右手を急ぐ第三者内容にあけるという習わしが関東で定着してしまったからではないかと感じています。
関西では、関東は反比例でエスカレーターの右手に乗るという文明ですよね。そう考えると、第三者が左手を歩くのは関東に限られたことなのもしれません。ただ、検証をしたことがないので、いざそうであるかは関西に行ったところでも観察してみたいとしてある。借金地獄を抜け出すために努力しています